Piuk Up

学校概要
教育課程
学校生活
入学案内
高等教育の修学支援新制度
高等教育の修学支援新制度

新着情報

授業料
  • 1. 入学金は25万円です。
  • 2. 授業料は年間40万円です。
    (4月と10月の2期に分けて、納入していただきます。)
  • 3. 教材環境整備費は年間2万円です。
  • 4. 諸経費として、3年間約50万円必要です。
    (教科書や教材。ユニフォーム・実習に伴う経費等)
奨学金
  • 1. 希望者は奨学金などの相談に応じます。独立行政法人日本学生支援機構などの奨学金があります。
  • 2. 卒業後、特定の国立病院機構の病院へ勤務することを条件にその病院から奨学金を受けることができ、一定期間以上勤務すると返済が免除されます。
応募入学状況
国家試験合格率

看護は実践の
科学です。 学内で授業・演習を通して学んだことを、
臨地実習で繋げながら、活かし、実践的に学びます。

授業Lesson

基礎分野、専門基礎分野、専門分野、そして統合分野と段階的に学んでいきます。

実習Training

1年次には患者様の日常生活の援助を行う実習があります。2年次前期には、患者様の看護問題を考え、計画を立て、援助を行う方法を学びます。2年次後期から3年次は、病院・訪問看護ステーション・こども園・老人保険施設などでの実習があります。

演習seminar

意見交換をしながら進めるグループワークや実習室でモデル人形を使ったり、交互に患者体験をしながら基本的な看護技術を身につける学習法を多く取り入れています。

在校生の声

在校生の声

今年度は、新型コロナウイルスの影響で授業はまだ始まっていませんが、無事に入学できたことにホッとしています。1年生は講義や演習を中心に学習します。講義の内容についていけるか不安な部分もありますが、医療従事者の1人であるという自覚をもち、クラスメートと切磋琢磨して頑張りたいです。そして、1人1人が理想とする看護師になれるよう努力し、充実した3年間にしていきたいです。

1年生 五十嵐 里菜
山形県立新庄南高等学校出身

 4月に入学して、未だ慣れないことも多いです。特に私は高校時代、化学を授業で選択していなかったので、内容が非常に難しく感じ、最初はとても不安になりました。しかし周りにいるクラスメートに分からない箇所を教えてもらうなどして日々勉強しています。
最近は講義の他にも演習が多く入ってきてクラス一同目標に向けて努力しています。皆同じ志を持つ仲間であり、お互いに刺激し、切磋琢磨してこの3年間を実りあるものにしていきたいです。

2年生 木村 優太
山形県立南陽高等学校出身

 1年生では講義や演習を中心に基礎を固めました。2年生では1年生で学んだ基礎を元に専門的な分野の学習をしていくことになります。実習も本格的に始まり、患者さんに良い看護が提供できるか不安が大きいですが1年生で学んだことを活かし、また、クラスメートと支えあいながら励んでいきたいと思います。
 学校行事は2年生が主体となって進めていくことになります。全学年交流会や学校祭などでクラスや先輩後輩との絆を深め、みんなが楽しく行事に参加できるように学年全体で協力し合いながら頑張っていきます。

3年生 和田 紗希
山形県立酒田西高等学校出身

 私は今、3年生として日々臨地実習や国家試験勉強に励んでいます。実習では1、2年次で学んだ知識や技術を活かし、患者さんを深く理解して個別性に合わせた看護を提供できるように頑張っています。国家試験はクラス全員合格を目指し、模試や過去問を解いたり友達と問題を出し合ったりしながら時間を有効に活用して勉強しています。その他にも就職試験やケーススタディなど、日々多くの課題がありますが、自分が理想とする看護師像を実現できるよう、クラスメートと支え合いながら乗り越えていきたいと思います。

卒業生の声

卒業生の声

看護師として活躍している卒業生に、仕事内容や毎日の業務で心がけていること、
どんな看護師をめざしているのかインタビューしました。

阿部 萌子
平成28年度卒業
国立病院機構山形病院

 私は慢性期の患者さんと深く関わりたいと思い、山形病院への就職を希望し、脳神経内科・循環器内科・てんかん科の混合病等に勤務しています。
当病等では言語的コミュニケーションが困難な患者さんが多く、文字盤や口唇術等、患者さん一人ひとりに合ったコミュニケーション方法で関わることが必要です。また同じ疾患でも症状や進行は様々で、個別性のある看護が求められています。大変なこともありますが、患者さんからの感謝の気持ちや笑顔を見ることが出来ると、看護師という職種を選んでよかったと心から思います。まだまだ未熟な部分も多いですが、これからも患者さんに合わせた看護が提供できるよう努力していきたいと思います。

井上 宏希
平成26年度卒業
国立病院機構仙台西多賀病院

 慢性期の病院で患者様と深く関わりたいと思い、今の病院の筋ジストロフィー病棟を希望しました。業務としては日常的なケアが主ですが、人工呼吸器の使用台数が多く、モニター監視をしている患者様も多いため毎日緊張しつつもやりがいを感じながら働いています。まだまだ未熟な面が多々あるため、これからも技術等を磨き日々精進し、患者様と家族に寄り添えるような看護師になれるよう努力していきたいと思います。

渡辺 美律
平成29年度卒業
山形大学医学部附属病院

 私が勤務している消化器内科病棟では、治療や検査など様々な目的で入院している患者さんがいます。治療や検査の種類も多いため、配属当初は不安を感じていましたが、一つ一つ根拠に結びつけて学びを深めていくことで自信に繋がり、現在はやりがいを感じながら働いています。短期間で退院する患者さんもいれば退院支援を必要とする患者さんや終末期の患者さんもいます。そのため様々な場面で意思決定支援が必要とされます。患者さんやその家族との関わりに迷うこともありますが、先輩に相談しながら信頼関係を築き、思いを訴えてもらえるよう努力しています。患者さんに最善の看護を提供できるようこれからも頑張っていきたいと思います。

アクセス

バス利用の場合

●山形市内方面からは、山形病院(桧町・嶋)又は(西田・瀬波)行乗車、山形病院にて下車。寒河江・谷地(荒町南)行に乗車、山形病院口にて下車、徒歩5分
●寒河江方面からは、山交ビル行に乗車、山形病院口にて下車、徒歩4分

JR利用の場合

・奥羽本線/仙山線ご利用時:山形駅・北山形駅下車
・左沢線ご利用時:東金井駅下車

タクシー利用の場合

・山形駅(西口)より約20分
・北山形駅より約15分

車利用の場合

・山形北ICより国道112号線方面へ約15分
・山形蔵王ICより寒河江方面へ約30分

学校生活
学校評価結果
同窓会
山形病院

独立行政法人 国立病院機構
山形病院附属看護学校